電子レンジとは

商品名

画期的な発明の電子レンジですが、本当に便利ですよね!電子レンジ(でんし - 、英:microwave oven )は、電磁波(電波)により、水分を含んだ食品などを加熱する調理機器である。

概要

商品名

電子レンジは、電磁波の持つエネルギーで、食品などを加熱調理する装置(調理器具)である。電力を消費する調理器具としては他に電気コンロがあるが、電気コンロがジュール熱で発熱体を熱して発生する赤外線で食品を加熱するのに対し、電子レンジでは食品内部の分子にエネルギーを与えて加熱する点で決定的に異なる。
このため電磁波が透過するガラスや陶器は直接的には加熱されない。
原理としては、マイクロ波が照射されると、極性をもつ水分子を繋ぐ振動子が振動エネルギーを吸収して振動をし始め、エネルギー準位を上げていく。
すると、いわゆる、結合の手(振動子)を放して蒸発することになる。電子レンジはこの性質を利用している(マイクロ波加熱)。
電磁波の発生源としては、マグネトロンという真空管の一種が使われている。
利用する電磁波は、周波数2.45GHzのマイクロ波で、出力は家庭用で500-1000W(100V、10-15A) 程度、コンビニエンスストアなどにある業務用では1500-2000W(200V、10A) 程度ある。
この周波数はISMバンドと呼ばれ無線LANなどでも利用されている周波数帯に属しているため、電子レンジを動作させると、無線LAN、更にはアマチュア無線にも(発振周波数の直下がアマチュア無線の2.4GHzバンド)影響を与える場合が多い。
かつては、「チーン」という初期型の調理完了を知らせる音(発条式タイマーと打ち子式ベルの組み合わせによる)から、電子レンジで調理することを俗にチンすると表現することもあり、これを載せている国語辞典もある。
現代では、安い価格帯の単機能電子レンジでしか「チン」の音が出ず、多くの製品では電子ブザーによる甲高い断続音が一般的となっている。
子レンジでしか「チン」の音が出ず、多くの製品では電子ブザーによる甲高い断続音が一般的となっている。

▲Page Top

無料 レンタルサーバー